恐竜はなぜ絶滅したのか 840x480 - 恐竜はなぜ絶滅したのか
恐竜の化石 恐竜博物館

恐竜はなぜ絶滅したのか

現在、広く受け入れられている恐竜絶滅の原因は6600万年前に地球に衝突した小惑星であるとされています。

小惑星が衝突してどうなったのか

しかし、衝突後どのような影響が地球とそこで暮らす生物に与えられたのかについてはまだ詳しく研究が進んでいません。

恐竜はなぜ絶滅したのか 1 - 恐竜はなぜ絶滅したのか

恐竜が絶滅するまでに至ったのは、小惑星の衝突によって空中を粉塵や煤の雲が太陽の光を完全に遮って、氷河期がもたらされたからというものや、火山噴火が起きて生物にとって有害な成分がまき散らされたからという説まで存在します。

最新の研究では太陽の熱が遮られておきた地球の冷却が原因とされています。

直径10kmの小惑星が地球に衝突し、その際に巨大な火災と数百メートルの津波を引き起こして、とてつもない量の硫黄が大気中を舞うようになったことから太陽の光が遮られ、氷河期が訪れ、適応できなかった恐竜が絶滅したというものです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です